海外サイバーセックス事情

海の向こうのサイバーセックス事情って?

日本でサイバーセックスと言ってもあまり世の中に浸透していない超ニッチワードなので「?」となってしまう人も多いはず。
しかし、海を渡った外国ではcyber sexという言葉は普通に通じるほど世間一般に知れ渡っている言葉のようです。

 

サイバーセックスはテレフォンセックスの先進国であるアメリカが発祥と言われており、文字チャットやお互いの姿を見せあいながら行うライブチャットなど、利用しているツールは違えど、やっている行為は日本のそれと同じのようです。不特定多数の相手とエッチなツーショットチャットを行えるとあって一気に世間に広がりました。

 


相手男性とサイバーセックスを楽しむ女性

 

しかし、人気がでてくると必ず誕生する荒らしユーザー。その荒らし行為によってイタズラされてしまうケースが非常に多いようで、サイバーセックスで不特定多数の人々とチャットエッチできるというメリットが薄れていっているようです。

 


このように相手が画像をキャプしたり写真に収めてもバレないのです。

 

F1の世界で生まれた技術が一般車に導入されるのと同じく、海外で生まれたサイバーセックスの技術が日本のライブチャット業界にも押し寄せてくるパターンでしたが今は逆転、もしくは海外が日本のチャット技術に追いつけていない状況。

 

アプリ開発で顔見せサイバーセックスがスマートフォンでもできるようになったり、番組によっては女性に側にプレゼントを送れるなんてことも!

 

日本のエロ技術は本当にすごいです。