サイバーセックスが出会い系?

サイバーセックスが出会い前提になってきた!?

昔はサイバーセックスといえば、ネットで知り合った男女が顔が見えないからと過激なチャットやライブチャット、テレフォンセックスに興じていました。
もちろん出会う人達もおりましたが、今ほどネットが浸透してなかったため、ネットに精通した人たちはネットはネットとして割りきっている部分が強かったのです。

 

しかしその流れに変革がおきました。

 

スマホの登場でそれが一気に浸透してしまったのです。
ネットに触れていなかった大多数の人がネットに触れることでメディアも取り上げる事が多くなり、LINEやカカオトーク、ツイッター・フェイスブックなどコミュニケーションツールが当たり前になり、仲良くなった人同士で会ったり、それどころかLINE掲示板などソーシャルメディアで「イマヒマ」という感じで出会うために知り合うことも当たり前になったのです。
今やネットゲームで知り合った人同士の結婚、さらには浮気まである始末です。

 

そしてサイバーセックスにもその波が押し寄せました。
エロイプ、テレフォンセックスした男女が実際に会ってエッチする率も増えてきました。
ネットだけの過激な関係から「出会う前振りのサイバーセックス」という認識にもなっていますね。
子供もスマホが当たり前になり、LINEやチャット、ソーシャルツールで知り合ってHした相手が未成年だったという事件も頻発しております。
年齢を問わずサイバーセックスからの出会いが認知されてしまいました。
ネット=エロ利用の人たちが今度はネット=エロ出会いに利用するようになってきたというわけですね。

 

エロい放送をしている女ニコ生主が実は売り出す前提のタレントだったり、グラドル、ライブチャットのチャトレだったという話もあったりとネットでエロを提供し、認知度を上げる人たちも増えました。
サイバーセックスが当たり前になり、だからこそ出会いを求めたがる男女が増えてき、出会える環境になったのは嬉しい半面、昔ながらのサイバーセックスマニアは寂しいという感覚もあります(汗)